相続・遺言トラブルに巻き込まれないためには

金額に大小の差はありますが、誰しも一生に一度は経験するのが相続です。相続という言葉を聞くと、どうしても資産家の一族の相続争いの場面が目に浮かんできますが、たとえ財産が少額のものであったとしても、相続にまつわるトラブルというものは発生しうるものです。
遺産を受け継ぐにあたって特にトラブルの原因となってしまいがちなのが、不動産の扱いについてです。預貯金や有価証券などのように不動産は簡単に分割することはできません。そのため、法律で定められている割合でその不動産という財産を機械的に分割することができません。
もしも、それぞれの遺産の取り分を公平に分けるのであれば不動産を売却しなければなりませんが、売却するのが困難な場合には不動産を受け継いだ人物がそれぞれの取り分に応じた金額を遺産として支払うかたちになります。しかしながら、それだけの金瀬陰的負担に耐えられるだけの金銭的な余裕がある家庭というものは少なく、結局は受け継いだ不動産を売却して現金に換えるかたちになってしまうのが一般的です。
このように不動産を売却して遺産を分割することになった場合には、相続人すべての同意が必要となります。一人でも反対者が出た場合には不動産を売却することができなくなってしまいます。
そのため、自分の死後に財産をどのように取り扱って欲しいのかを生前に遺言によって残しておくことが、自分の死後のトラブルを未然に防ぐ最良の手段となります。