最低限知っておきたい相続のこと

人が死んだら、その人が所有していた財産はその遺族が受け継ぐことになっており、それを相続といい、財産を受け継ぐ人を相続人とよびます。

 

基本的に亡くなった人の配偶者とその実子が相続人になっています。独身で配偶者や子供がいない場合は、親や兄弟が受け継ぐことになります。親兄弟もいない場合は、甥や姪が受け継ぐことになります。遺産を受け継ぐ優先順位は、配偶者と子供が1番でその次は直系の親族、傍系の親族の順になります。その受け継ぐ財産の割合も民法で決められており、配偶者と子供がいる場合は、配偶者が財産の半分を、残りの半分を子供の人数で分けます。配偶者と子供が2人いる場合は、配偶者が財産の2分の1、子供は4分の1ずつもらえることになります。遺言書があれば、民法で決められている家族以外の親戚や友人・知人に財産を残したり、残す財産の割合をかえることもできます。

 

 

また、相続する財産は、借金などの負債も含まれます。残された財産が借金しかなく、受け継ぎたくない場合は、家庭裁判所に相続放棄の手続きをすれば、借金の返済を遺族が受け継ぐことはありません。ただ、その放棄の手続きは3か月以内に行わないといけない規定になっています。財産の分割でもめる場合は、家庭裁判所で調停をたてることになります。

Comments are closed.