遺言執行者が複数人指定されていた場合の遺言執行事務の進め方

まず、遺言執行者とは、遺言状の内容について具体的に実現する人をいいます。遺言状に書かれている内容にそって相続人の代理人として財産の管理し名義変更などの手続きを行います・この遺言執行者は遺言によって指定される場合と家庭裁判所によって選任される場合があります。この執行者がなぜ必要かというと、認知の遺言や相続人以外への遺贈があればその引き渡しや登記という執行が必要になるからです。これは遺言執行者のみしかできないため、決める必要があるのです。この人を置かない場合もありますが、たまに遺言は相続人の間で利益が相反するものする内容のものや相続人全員の協力が得られないものがあり、第三者の立場で公平に実行してくれるこの執行者を決めておくことは良いと思います。

 
この遺言執行人には人数の制限が設けられていません。よって1人だけでなく複数人選ぶ事が可能です。この遺言執行者が複数人選任されていた場合の遺言執行は遺言書の中で職務分担を指定してあるか、そうでないかによって違います。指定していない場合、遺言の執行は遺言執行者の過半数の決定で決定します。指定している場合はその定められた内容にしたがって各々決定してゆきます。

Comments are closed.