遺言執行者が指定がされていた場合の手続の流れ

遺言執行者とは、遺言の内容を実際に実行する人で、遺言書に書かれている内容の通りに相続される財産を管理、調査します。遺言執行者は遺言書で指定されている場合と家庭裁判所で選任される場合があります。

 
遺言書で指定されている場合には、その人が遺産の分割に関する手続きを行います。主に、相続される財産の調査や管理、預金の払い戻しや解約の手続きなどの財産に関する相続の手続きを行うのが役目です。

 
通常、金融機関で相続に関する手続きを行うためには相続人全員の署名、捺印、印鑑証明が必要となり時間がかかったり遺産分割に納得していない相続人がいた場合署名を拒否したりとトラブルにもつながりかねません。その点遺言執行者が指定されていた場合には基本的に全ての金融機関で遺言執行者の署名、捺印、印鑑証明の提出で遺産の相続に関する手続きが出来るので、相続人の意思に関係なくスムーズに遺言の執行が進められます。

 
遺言執行者は相続人の中から選ぶ場合が多いですが行政書士などの専門家を指定することも可能です。将来のことを考えて、相続手続きを円滑に行なって欲しいという方は事前に遺言執行者を指定した遺言書を用意しておくことをおすすめします。”

Comments are closed.