相続人の中に未成年者がいる場合

法定相続人となるのに年齢は関係ありませんから、未成年者が相続人となること自体は全く問題がありませんし、年齢に関わらず法定相続分を受け取る権利があります。

 
問題となるのは、相続財産に不動産やゴルフ会員権など法定相続分の割合で単純に分配できないものが含まれており、遺産分割協議が必要となる場合です。

 
遺産分割協議では法定相続人全員の同意が必要となるのですが、未成年者は民法の規定により単独で法律行為を行うことができません。(遺産分割協議は法律行為に該当します)

 
未成年者の相続人が遺産分割協議に同意するには法定代理人が必要となります。
ここで注意しなくてはいけないのが、通常未成年者の法定代理人となるのは親権者ですが、親権者も法定相続人となっている場合、代理人として遺産分割協議に同意することはできないということです。

 
これは、同じ相続人である親権者が未成年者である子の意向に関わらず自らに都合のいいように協議をまとめてしまうことを防ぐためです。
ですので、このような場合には特別代理人を選任する手続きが必要となります。

 
これは勝手に選任してよいものではなく、親権者等が家庭裁判所に申し立てを行い選任してもらうものです。
申立先は未成年の相続人の住所を管轄する家庭裁判所となります。

 
これによって選ばれた特別代理人が未成年の相続人に代わって遺産分割協議の同意を行うことになります。

Comments are closed.