亡くなった人の名義の預金口座は凍結される

誰かが死亡した際、その人が持っていた預金口座はどうなるのでしょうか。基本的に死亡したらその人の口座からは勝手に預金の引き出しはできなくなります。死亡した時点で相続人の共有財産となるからです。たとえ相続人の1人であっても勝手におろしたりすることは許されません。必要な手続がなされるまで、その預金口座は凍結されることになります。ではどのような手続をすればよいのでしょうか。

 
方法は2通りあります。解約し、相続人で分ける方法、あるいは口座名義を相続人に変更する方法です。いずれにしても銀行の窓口に行けば簡単にできるというものではなく、相続を証明する書類等を提示しなければなりません。必要なものとしては、当然ですが被相続人の預金通帳や届出印はまず必要です。誰にどれだけ相続するのかを証明するために遺産分割協議書も必要となります。その他、被相続人の出生から死亡までの戸籍関係書類、相続人全員の戸籍謄本と印鑑証明書なども必要となります。これらの書類を全て揃え、銀行の窓口で解約か名義変更の手続をすることではじめて凍結は解除され、遺産分割協議書の内容に従い、解約をして相続人の間で分配するか、相続人のうちのいずれかの者へ名義変更がなされます。

Comments are closed.