遺言執行者になれる人とは

遺言執行者の仕事は、すべての相続人の代理人として遺言を滞りなく執行することです。また相続財産の管理から始まり必要なすべての行為を行う権利と義務を持っています。遺言者の最後の意思が忠実に実行されるかどうかは遺言執行人の人選にかかっています。誰にも相談をしないで遺言書を作成したときなどは相続人の一人が遺言執行人になることが多いようです。

 

 

ただ、その業務は財産目録の作成や報告義務など煩雑となり相続人には負担となることが多いようです。また不満を感じる相続人からは非難を受ける場合もあります。しかも執行者は単独で手続きを行える権限を持ちますので、他の相続人に相続分を渡さなかったり、業務を放置するおそれがあります。未成年者、成年被後見人、破産者を除いて基本的には誰でも遺言執行者になれます。ただ遺言の内容が複雑な場合、相続人の一人が不公平な分割割合を考えている場合、遺贈がある場合など相続人間でトラブルが発生するおそれがあるときは弁護士などの法律専門家に依頼するのが無難です。

 

 

またトラブルとはいかないまでも、利害関係のない第三者が相続の手続きを開始しますので、相続人の一部に負担をかけることなく、公平な遺産分割が実行されます。

Comments are closed.